こんなところまだあるの!?激安賃貸物件特集!

トイレがない!?当然です

昔に較べるとずいぶん減ったように思いますが、今でも不動産屋のオススメには絶対載らないような、激安の賃貸物件が存在します。京都や大阪、神戸などの関西都市圏では、月1,2万円の物件も実はまだ残っているんですよ。今回は私が実際に体験した、激安!物件を紹介します。まずは、トイレがない物件。思わず耳を疑いたくなりますが、安いなら当然ですよね。もちろんお風呂も共有です。部屋にあるのは6畳のスペースと玄関横のシンクだけ。お値段は月1万9000円なり。

玄関も共有!?当然です

月1万円の物件にも住んだことがありました。部屋の広さは先ほどと変わらない6畳。ですが、昔の寮のようなところでしたね。部屋だけが自分の空間で、あとは玄関もシンクもトイレも風呂も、冷蔵庫もみんな共有。下駄箱に置ける靴は、一人一足まででした。こんなところでしたが、案外人が多く、若い学生ばかり住んでいました。私も当時は若かったので、何も考えず案外楽しく過ごせたものです。時代を先取りしたシェアハウスといえるでしょうか。

隣人はお猿さん!?当然です

大学を出て仕事を始めると、少しよいところに住み始めました。家賃は月2万6000円。1Kなので、6畳の空間と別に台所スペースがありました。更にはなんと!ユニットバスまで付いているではありませんか。当時は自分の家でトイレができる喜びを、強く噛みしめたものでした。これで2万6000円なら安いですよね?でも当然、裏があります。この物件、超がつくほどの山の中にあったのです。ベランダは猿の通り道でしたし、道を通るのは人よりも野生の鹿のほうが多い。そんな環境でした。それでも案外快適に過ごせたのは、自然に囲まれて心がきれいになっていたからでしょうかね。

敷金や礼金など、賃貸住宅に関する初期費用が負担に感じる人は、こうしたものがゼロの物件を選ぶと、お得に新生活を始めることができます。